· 

ロサンゼルス飲食店(焼肉編)

ロサンゼルス出店予定の方は、必見!!

〜ロサンゼルス飲食店(焼肉編)〜

 

【目次】

1)アメリカ人にとっての焼肉

2)アメリカ人が好む焼肉「タレ」

3)最新の焼肉設備

 

 

1)アメリカ人にとっての焼肉

日本の40倍以上の国土を持つアメリカは、各自宅に庭が備ついているのが一般的な光景である。言わずもがな、アメリカ人はフレンドとの時間を大切にするため、頻繁に自宅の庭に友人を招いて食事を嗜むことがある。そのため、アウトドアで肉を焼いて食べるバーベキューは、ロサンゼルスL Aの食生活にふさわしいものである。

バーベキューの原点は、アメリカ大陸にコロンブスが上陸する以前の500年程前のアメリカ先住民にあります。広大なアメリカ大陸を発展するために、ヨーロッパ・アフリカから多くの移民が移り渡りました。彼らは、広大なアメリカを発達させるために、建設現場の全員でワイワイ楽しみながらパワフルな食事をするために、アウトドアで開放的に食事をするバーベキューをアメリカの食文化として取り入れました。

その後は、このバーベキューが各地でのイベントで取り入れられていき、臨時レストランや常時レストランでも提供されるようになりました。1920年代には、バーベキューを家庭で楽しめるようにと、コンパクトな家庭用グリルが販売されるに至りました。

今では、インドアで音楽やオシャレな空間に囲まれて食事を楽しんだり、スポーツ観戦をしながらアクティブに食事を楽しんだりと、場所を問わずに食事を楽しむことができます。

ロサンゼルスL Aに住むアメリカ人の根底にある「バーベキュー文化」こそが、現在ロサンゼルスL Aで韓国人・日本人オーナーが経営する「Yakiniku」を受け入れる源であります。

これこそが、「Yakiniku」が現在も「Japanese BBQ」と呼ばれる原因であります。

2)アメリカ人が好む焼肉「タレ」

焼肉の美味しさを最大限に引き出す「タレ」は、どのようなものがアメリカ人に好まれるのでしょうか。

日本の焼肉店では、甘口タレ・中辛タレ・味噌タレ、レモンだれ、ニンニク・塩が一般的かと思います。時には、これらをお客様が各々の好みの分量で、混ぜ合わせてマイタレを作ることもあるかと思います。

みなさんが、何も気にかけず行う「タレ」作りですが、アメリカの食卓ではあまり見受けられません。

ロサンゼルスに住むアメリカ人の多くは、元々お肉に付いたタレでお肉の味を楽しみます。全員がタレをつけないということはありませんが、日本人よりもタレを使用しない方が多いです。

また、アメリカでは友人の自宅や、ホームスティなどでB B Qタレを用いた家庭料理を提供されることが多々あります。

日本でお肉の料理というと「エ◯ラ焼肉のタレ」「黄◯のタレ」などの醤油ベースの甘いタレを使用するかと思います。

一方アメリカでは、これらの料理にアメリカ人なら誰でも知っているAIソースなどのケチャップとウイスターソースベースのBBQタレが用いられます。

 

「AIソース」は、日本国内でも購入することが出来ますので、是非一度ご賞味ください!

 

3)最新の焼肉設備

焼肉屋は、他のジャンルの飲食店と比べて、物件探しに気を遣わなければなりません。

他の飲食店と比べて、客席により多くの設備を必要とするのと同時に、テーブルごとに煙の配管が必要となります。そのため、日本よりもテナントの坪数が大きいロサンゼルスでも、他の店舗よりも比較的広いスペースが必要となります。

また、最近では各テーブルに備え付ける設備に、食材を美味しく焼き上げるのと同時に、煙を吸い込み、地下へ排気する空調機器がございます。

また、地下に備え付けられた排気ファン前に、油煙や臭気防止システムを組み込むことで、店内が快適な雰囲気かつ、環境に優しい取り組みとなります。

その他、ロサンゼルスでの焼肉店舗では、最新の設備を組み込んだものがありますので、お気軽にお問い合わせください。

メモ: * は入力必須項目です

 ロサンゼルス出店・進出 | レストラン不動産 | 物件多数

Search

▶︎OUR SERVICE

▶︎ACHIEVEMENT

▶︎COMPANY

▶︎BLOG

▶︎CONTACT

 

会社:クワタアソシエイツ

住所:104 Judge John Aiso street  Los Angeles, CA 90012

TEL:: Office:(213) 617-7794

            Mobile:(213) 590-1712  

FAX::213-617-0418 

Mail :  mark@kuwata.com