301 East First Street, Los Angeles, CA 90012
TEL: 213-617-7794 FAX: 213-617-0418
  物件 ブログ 実績 米国レストラン事情 開店までの流れ Q&A 会社概要 アソシエイツ紹介 リンク お問合せ

 

ロサンゼルスレストラン事情

レストラン事情とエリア紹介

 


爽やかな風が心地良いこの町に、しっかりと根付いた「日本食」の歴史について、ざっとお話しましょう。

ロサンゼルスに日系人社会が出来て、すでに100年以上が経ちます。
これまでには、実に様々な事が起きましたが、日本人歌手で初めてアメリカで成功した、坂本九氏のスキヤキソング「上を向いて歩こう」が1961年〜1963年にビルボ-ド誌、キャシュッボックス誌共に第一位、ミリオンセラーとなったその頃から、「スキヤキ」が日本食として認知され始めました。それとほぼ同時期に、ロッキー青木氏が始めた「Benihana」の鉄板焼きレストランが、客席の前の鉄板で調理して見せるパフォーマンスで人気を得、「日本食レストラン」が定着し始めました。その後、高度成長時代に日本の技術・文化が世界に認められていく中で、日本の平均寿命が世界一となると、その大きな要因のひとつが食にあると考えられるようになり、「日本食=健康食」との認知が生まれ、1980年11月に映画「将軍」がブームに拍車を掛ける形で、「日本食」についての理解が得られるようになります。

メニューの中でもてんぷら、鉄板焼、テリヤキが認知を得ていく中、代表的な日本食のひとつ「寿司」はなかなかアメリカ人には受け入れられませんでした。というのも、もともとアメリカ人は生魚を食べる習慣がなかったからです。しかし、1980年代中盤、肥満が健康上の問題となってくると、肉よりも魚を食べるようになり、健康的な日本食のイメージのもとに、「寿司」が本来の魅力を理解され食文化の一つとしての定着を始めました。本来食は、人間にとって体を作る源であり、生活の大切な潤滑油の役を務めている事を改めて考えます。

ヘルシー思考のアメリカ人に、「日本食」の代表である寿司の人気が広がるにはそれ程の時間は掛かりませんでした。特にヘルシー思考の強いハリウッドのセレブリティ達から人気を得始め、寿司バーに座り対面で寿司職人(Sushi Chef)とコミュニケーションが取れるそのスタイル自体が「カッコイイ」という流行を生み出します。いまや、「寿司」は日本食の代表としてアメリカに限らず世界的にも広く知られるほどとなりました。寿司Katsuya(1990年代後半、スタジオシティー)がザガットサーベイで30点満点中28点を獲得し、昼3回転、夜6回転と爆発的にヒットし、ハリウッド俳優ロバート=デ・ニーロとのタイアップでレストラン松久が世界に飛び出して行ったことも、すでに皆さんもご存知だと思います。

勿論1990年代には、他の「日本食メニュー」も次々と定着を始め、しゃぶしゃぶ、焼き鳥、うどん、そば、そしてラーメンも人気を得るようになりました。

現在アジア系住民は、南カリフォルニアだけで約数100万人を超えると言われています。ダウンタウン・ロサンゼルスで寿司職人の養成学校である「寿司アカデミー」が開校するまでになり、アメリカの食文化の一部として確立された感もあります。今後は、日系のKatsuyaグループ、Sushi Rokuグループ、韓国系ではKabukiグループなど、元気の良い外食産業グループが形成されるまでにもなり、とても明るい未来を感じます。

弊社は、商業物件、レストランビジネス売買等を通じ、今後益々日本の歴史・食文化を世界に伝えていくお手伝いをさせていただきます。

 


 



*エリア情報の説明は文字をクリックしてください。

 

 

 

 

 

 

ダウンタウン・ロサンゼルス

ロサンゼルスの心臓部で、高層オフィスビルと商業ビルが建ち並ぶ。ダウンタウン内には幾つもの特徴のある地区があり、高層ビルが集積するビジネス街以外にも、官公庁街、リトル東京、チャイナタウン、アート街、おもちゃ屋街、花屋街、ファッション街、宝石屋街等がある。近年、再開発が盛んで、100以上のプロジェクトが計画・進行中である。特に、古いオフィスビルや倉庫を住宅用途に転換するコンバージョンプロジェクトや、新しいコンドミニアムの建設が進み、定住人口が飛躍的に増えつつある、今一番ホットなエリア。住宅価格や家賃も高級住宅地並みに高騰している。犯罪率が高いというような危険なイメージもあるが、最近は以前に比べてかなり改善されてきている。

マップへ戻る


ハリウッド&ロスフェリス


■ハリウッド、ウエストハリウッド

ご存知の通り、ハリウッド(Hollywood)はアメリカ映画産業の中心地。世界中の観光客が一度は訪れる、スターの手形、足型の「チャイニーズシアター」は、エンターテイメント産業の象徴ともいえる存在。2002年にハリウット&ハイランドがオープンしてからはアカデミー賞授賞式が中のコダックシアターで開催されている。街の中心はハリウッド通り(Hollywood Blvd.)で、映画館、レストラン、劇場やギフトショップが並ぶ。両面の歩道はWalk Of Fame(著名人の名が刻まれた星型の敷石)が約2000人分も埋め込まれている。

ウエストハリウッド(West Hollywood)は、お洒落でハイセンスなゲイの町としても知られる、流行発信地のひとつ。年に一度、ゲイパレードがサンタモニカ大通り(Santa Monica Blvd.)で開催されている。この通りにはハイコンセプトなレストランやバー、ショップが多く町の中心となっている。また、サンセットストリップ(Sunset Strip)にはライブハウスやレコードショップ、クラブなどがあり夜遅くまで若者が集う。また、このエリアのメルローズアベニュー(Melrose Avenue)は個性的な店が並ぶショッピングストリート。


■ロスフェリス、シルバーレイク

お洒落な店が並ぶファッションエリアとして注目されているロスフェリス(Los Feliz)。最近は東のシルバーレイク(Silver Lake)の方にも広がりをみせている。ライブハウスやレコーディングスタジオ、テレビ局が近く、モデル、俳優、アーティストを目指す人々も多く住む。周りの丘陵地はやはり高級住宅地で、地元の高所得者達の生活の場でもあり、独特の個性ある街並みと雰囲気を生み出している。

マップへ戻る

 

ビバリーヒルズ&ウエストサイド

■ウエストロサンゼルス

一般にビバリーヒルズ(Beverly Hills)市より西側のロサンゼルス市のエリアを指す。中級以上の住宅地が広がり、その北側のベルエア(Bel Air)やブレントウッド(Brentwood)は高級住宅地。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)付近のウエストウッド(Westwood)は、学生も多い商業地区であるが、高層のコンドミニアムも建ち並ぶ高級住宅地でもある。他の商業の中心地としては、ブレントウッドのサンヴィセンテ通り(San Vicente Blvd.)沿いがあり、ソーテル通り(Sawtelle Blvd.)には日系の店舗・レストランが並ぶ商業地区がある。


■ビバリーヒルズ

数々の映画の舞台としても登場する、世界的に有名な超高級住宅地。現在もセレブや映画スターが実際に沢山住んでいる。高級ブティックが建ち並ぶロデオドライブをはじめ、街路樹や歩道などとても綺麗に整備されていて、行き交う車も高級車ばかり。市全体が安全でゴージャスな雰囲気を漂わせ、中心商業地では、地元の人々ばかりでなく、観光客も訪れる。

マップへ戻る

 

ビーチシティズ

■マンハッタンビーチ、ハモサビーチ、レドンドビーチ

特にロサンゼルス国際空港(LAX)より南に位置するマンハッタンビーチ(Manhattan Beach)、ハモサビーチ(Hermosa Beach)、レドンドビーチ(Redondo Beach)の3市は、どの市も海岸に近いエリアは高級住宅地となっており、各市にある桟橋(Pier)を中心とする商業地区は、地元の人が集まるお洒落なスポットとなっている。

■サンタモニカ、ベニス、マリナ・デル・レイ

青い空と広々とした砂浜は南カリフォルニアの明るいイメージそのもの。サンタモニカは古くから海水浴場として知られ、観光地、商業地としても知名度が高い。シンボル的存在のピア(桟橋)には観覧車やゲームセンター、レストランなどがあり一年中観光客で賑わっている。近くのサンタモニカプレイス(Santa Monica Place)とサードストリートプロムナード(3rd Street Promenade)は人気のショッピングスポット。周辺にはレストランやカフェも多い。

また、サンタモニカからベニス(Venice)へつづくメインストリート(Main St.)沿いには、ブティックやアンティーク家具・雑貨、ギャラリー等、個性的な店やレストランが並びファッショナブルなエリアとして注目されている。

サンタモニカの南に隣接するベニス(Venice)は、その名のとおりイタリアの都市ベニスを模して計画された小さな運河のある住宅地。ビーチはサンタモニカに比べ前衛的で、若者達で賑わう。

マリナ・デル・レイ(Marina Del Rey)は、小型ヨット用の人工港としては世界最大規模で約1万艘ものヨットやクルーザーが停泊するマリーナ。サンタモニカからつづくこのエリアには、高級住宅や高級コンドミニアムが建ち並ぶ。

マップへ戻る

 

サウスベイ

ロサンゼルスの南に位置する住宅地で、トヨタや日産等の日本の大企業の存在などにより、トーランス(Torrance)を中心に日本人の駐在員も多く住むエリア。かつては農業地帯で、農業に従事する日系人がガーデナ(Gardena)を中心に古くからコミュニティを形成しており、市街地の拡大や企業立地とともに日本人・日系人が多く移り住んできている。トーランスの南に隣接して位置する丘陵地のパロスバーデス(Palos Verdes)は高級住宅地で、数Million級の大きな住宅が建ち並ぶ。

マップへ戻る

 

ロングビーチ

水族館やクイーンメリー号(旧豪華客船だったホテル)で知られるロングビーチは、クルーズ船や貿易船が出入りする工業都市。市内ダウンタウンのロングビーチコンベンションセンター付近はオフィスビルや大手ホテルが建ち並び、メトロブルーラインの駅もすぐ側にある。また、レストランやバー、ブティックなど160点以上のお店が集まっているベルモントショアーズセカンドストリート(Belmont Shore’s 2nd Street)は夜遅くまで多くの人々が行き交うホットな大通りとして有名。

マップへ戻る

 

 

 

 

パサデナ&サンゲーブルバレー

■パサデナ

ダウンタウン・ロサンゼルスから北へ車で約20分、緑の多い静かな住宅地。市のシンボルがバラであることから、毎年元旦に開催される“ローズパレード”と“ローズボウル(アメリカンフットボール)”は全米でTV放映されている。市の再開発によりコロラド通り周辺が「Old Pasadena」としてお洒落な街として生まれ変わった。映画館、ギャラリー、ブティック、レストランが多く夜もかなりの歩行者で賑わう。

■サンガブリエルバレー

ダウンタウン・ロサンゼルスより東に広がるロサンゼルス・カウンティの東部エリア。場所にもよるが、全体的には中国系の人種が多く住む。特にモントレーパークは第2のチャイナタウンといわれるほど中国語の看板が目立つ。サンマリノやハシエンダハイツ等の高級住宅地もある。

マップへ戻る

 

 

サンフェルナンドバレー

サンタモニカから北へ峠を越えたところに広がる盆地状のエリア。丘陵地の斜面には高級住宅が並ぶ。このエリア東部のバーバンク(Burbank)には、大手映画会社のスタジオが集まり、テーマパークのユニバーサルスタジオはここに隣接したスタジオシティ(Studio City)にある。

スタジオシティからウッドランドヒルズ(Woodland Hills)まで約16マイル(約26km)続くベンチュラ通り(Ventura Blvd.)がこのエリアの商業中心地。

マップへ戻る

 

 

オレンジ・カウンティ

ロサンゼルス・カウンティの南東に隣接するカウンティ(郡)。ロサンゼルスの郊外住宅地として広がっており、海岸沿いと丘陵地は比較的不動産価値が高くなっている。特にニューポートビーチ(Newport Beach)は、全米10指に入る超高級住宅地で、海岸のビバリーヒルズともいわれる。安全で閑静な住宅地としても人気の高いアーバイン(Irvine)、日系スーパーマーケットのあるコスタメサ(Costa Mesa)辺りには、日本人も多く住む。

ディズニーランドやナッツベリーファーム、サウスコーストプラザ(ショッピングモール)といった観光地もこのオレンジ・カウンティの中にある。

マップへ戻る

Copyright 2005 Mark Kuwata Associates All Rights Reserved.